トップ

お洒落でAGA進行

染髪はAGAを促進するのか

髪のおしゃれはAGAに良くない?

あなたは髪の毛を染めると禿げると聞いたことはないでしょうか?髪の毛を気にする人、特にAGAなどで困っている人には深刻な話題でしょう。結論から言いますと、ヘアカラーなどで染髪をすることはハゲの原因にはなりません。

まずはホッとされたでしょう。AGAなど禿げる原因はあなたもご存知のように、髪の毛ではなく毛根など頭皮にあります。ですから髪の毛を染めるだけでは禿げることにはつながりません。ですが、髪の毛を染めたりすると、髪の毛はダメージを受け、切れ毛などが起こりやすくなります。ですから、毛がたくさん抜けるようになったと勘違いしてしまうことがあるのでしょう。

ネットの情報でこれらのことはすでにご存知なのではないでしょうか。でも、本当に禿げないのか不安がつきまとっているのでしょう。ヘアカラーで髪の毛を染めても禿げることはない。これだけは正しい情報として信じていただいても大丈夫と言えます。

>AGAの治療情報を知りたいならこのサイトがおすすめです。

・なぜ、染髪すると禿げると言われているのでしょう

ヘアカラーがハゲの原因となる理由は、カラー液が頭皮に付着することです。カラー液は髪の毛のキューティクルを開き、その中のコルテックスという組織にまで侵入し、髪の毛の色を変えるほどの力があります。このカラー液がもしも頭皮に付着したらどうなるでしょうか?

キューティクルを開くくらいの刺激があるものですから、当然、頭皮にも刺激があります。つまり、染髪をしたとき、カラー液が頭皮に付着することで禿げる原因が作られるということになるのです。

また、カラー液は洗い流すことが難しく、一度頭皮につくと長期間とどまります。ですから、頭皮への刺激もその間続きますので、毛根などが大きなダメージを受けてしまうということになります。

染髪をすると禿げる、不安は大きいと思いますが、正しい情報を得ることで今までと変わらずおしゃれを楽しむことができるのではないでしょうか。

Copyright © 染髪はAGAを促進するのか. All rights reserved.